大学キャリア教育講座 ―第2期 担当講師プロフィール

大学キャリア教育講座(第2期)を担当する講師のプロフィールを紹介するページです。プログラムの詳細はコチラ。申込サイトはコチラをご覧ください

 

なお、本情報の撮影や各種機器への保管、SNSへの転載・投稿等は例外(登壇者本人の許諾を得た場合等)を除いてお断りいたします。なお、本情報は若干の修正が入る可能性があります。ご了承ください

 

児美川孝一郎(こみかわ・こういちろう)

 法政大学キャリアデザイン学部教授。東京大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。専攻は教育学(青年期教育、キャリア教育)。1996年法政大学に勤務。2007年より同教授。同学部長(2009~2011年)。日本教育学会理事、日本教育政策学会理事。日本キャリアデザイン学会研究誌編集委員長。当協会理事。
 NHKの情報番組「あさイチ」では、『働かないわが子 そのとき母は…』の放送回に出演。授業の合間をぬって全国各地の学校での講演や教員研修講師、企業を対象とした講師など、幅広くつとめる。(シンポジウム事務局註:児美川教授の著書等はコチラ

 

 田澤 実(たざわ・みのる)

 法政大学キャリアデザイン学部教授。博士(心理学)。専門は教育心理学、生涯発達心理学。著書(共編著)に『大学生の学びとキャリア』(2013年、法政大学出版局)、『学生と企業のマッチング』(2019年、法政大学出版局)、『大学生の内定獲得』(2019年、法政大学出版局)など。

 厚生労働省キャリアコンサルタント更新講習(知識講習)作業部会委員など各種委員。

 1級キャリアコンサルティング技能士。

(シンポジウム事務局註:リンク先はすべてAmazonです)

 

 

【メッセージ】

 

「自己理解」は多義的に使われる言葉です。キャリア理論に関連したものでは、"self-concept"の研究が蓄積されてきましたが、この言葉も、"神秘的"とすら言われることもあります。

このように「自己理解」には複数の観点があるという前提で、理論的な側面と実践的な側面を合わせて紹介していきます。オーソドックスなことを知ったうえで、目の前の対象者にはどのように応用できるかについて考える機会になればと思います。

 

 

渡邊 有紀子(わたなべ・ゆきこ)

東洋大学国際学部非常勤講師ほか。法政大学大学院キャリアデザイン学研究科修了。キャリアコンサルタント(CDA)。

高校教育に携わった後、企業にてマーケティング業務に従事。その後、起業を経て現職。アカデミックなバックボーンを持たない自分が、大学キャリア教育に携わる存在意義を研究したいと考えて大学院に進学し、児美川孝一郎教授に師事。研究領域は「大学キャリア教育」。

現在は、講師の傍ら、個別の大学生就職支援相談業務にも携わっている。

 

 

【メッセージ】

みなさん、こんにちは!「社会理解」を担当する渡邊です。コロナ禍によって、昭和・平成と積みあがってきた社会や働き方の課題が鮮明になりましたね。今こそ、キャリア教育における「社会理解」が求められていると考えています。今だからこそ、学生に伝わりやすいとも言えますね。

 

今回の講座では、この「今だからこその可能性」を大切にして、みなさんとキャリア教育における「社会理解」について一緒に考えていきたいと思います。

 

そして、私たちも初めて遭遇するこの状況の中で、多様な現場を抱える講師として何ができるのか、何が大切なのかを、それぞれ自分ごととして考えるきっかけにできればと考えています。

 

 

野浪 晶子(のなみ・あきこ)

 明治学院大学・杏林大学非常勤講師(キャリア教育科目)。当協会理事。キャリアコンサルタント(CDA・2級技能士)。法政大学キャリアデザイン学研究科修了。

 メーカー人事職から2010年に”なんとなく”大学生の就活支援職に転職。複数の大学短大の非常勤講師、就活生のカウンセラー職等を経て現職。

 大学のキャリア教育実態に悩み、2013年に児美川教授の授業の科目等履修生に。翌年大学院へ進学、児美川教授に師事。

 現在は本業の傍ら、協会主催のイベント企画や講座講師、企業

             研修講師などをつとめる。本講座では講師のほかにアシスタント

             と事務局も兼ねる。