2022/9/23更新 基礎コースの申込を終了いたしました

大学キャリア教育講座(4期生募集) 総合サイト

大学キャリア教育を「就職支援教育」と誤解していませんか?

大学でキャリア教育の授業や、大学生対象のキャリアカウンセリングをしている方、

将来的に大学生支援・若者支援を目指しているキャリアコンサルタントの方にオススメします。

以下は、2022年度開講講座(4期生募集)についてご案内いたします。

 

2019年度の様子です。昨年度に続き、今年度もこのような対面での講義は残念ながら叶いませんが、Zoomを通して講師・受講生の交流を図りながらすすめていきます。1枚目の写真は、奥に児美川先生がいらっしゃいますね。

 

 

講座開講の趣旨

大学でキャリア教育の授業を受け持つ講師や、大学生・若者のキャリア支援を担うカウンセラーに必要な「考え方・スキル・姿勢」の3つを習得し、大学生や若者が目先の就職活動のみならず、人生を通して主体的にキャリア形成が行えるよう支援することを目的とします。

講師を務めるのは、法政大学キャリアデザイン学部の児美川孝一郎教授や田澤実教授をはじめ、同大学院キャリアデザイン学研究科を修了し、大学でキャリア教育科目を担当する現役講師です。すでに大学でキャリア教育の授業を担当している方、キャリア支援を行っている方はもちろん、今後大学でのキャリア教育科目の講師やキャリア支援を希望する方向けの講座です。

 

なお、講師実践コースは、「シラバス作成実践コース」,カウンセリング実践コースは,「就職支援実践コース」に名称変更いたしました。

*受講条件等ありますので、当協会受講規約とあわせてよくご検討のうえお申し込みください



【開催概要】

◆開催日:いずれも日曜日に開講。下記日程の午後.3時間~3時間半の予定です

  基礎コース       :2022/9/25,10/9・23,11/6(4日間)

  シラバス作成実践コース :2022/11/20・12/4・18(3日間)

  カウンセリング実践コース:2023/1/22・2/5・19(3日間)

 

◆受講方法:指定図書の精読 と Zoomによるライブ授業 

・基礎コースは、2日目以降、Zoomライブ講座当日までに事前学習のため指定図書の精読をしていただき
 ます。詳細は下記「授業スケジュール」をご覧ください。

 

・各回とも、Zoomライブ授業後にリフレクションシートの提出があります(全体で150~300字程度。ラ

 イブ授業の感想や気づいたこと・考えたことなどを伺います。質問者は各講師ですので内容はその都度

 違います)。原則3日後(水曜日)までに入力していただきます。Googleフォームを使用します)

 

・通信費や通信機材に関わる費用は受講者さまのご負担となります

 

・【重要】事務局でお支払を確認後、翌日夜までに協会からご指定いただいたメールに申込完了メール

 お送りしますので、確認のため必ずご返信ください。

 

【キャンセル規定】

 各コース前々日21:00までにキャンセルを申し出ていただいた場合は全額返金致します(Peatixの規定

 により、銀行振込等支払い形態によっては340円の手数料が徴収されます。詳細はPeatixヘルプへ)

 

◆受講対象:

9/7更新:「キャリコンサルタント資格保持者のみ」を撤廃しました。資格の勉強をしながら学生のカウンセリングを行っている方もご受講可能となりました

 

①大学生や若者に対するキャリアカウンセリングやキャリア教育講師として、現場における問題意識

 お持ちの方

  *講座内容の性質上、大学キャリア教育の科目担当講師や大学生・若者のキャリアカウンセリング

   経験者を優先しますが、今後大学でキャリア教育・キャリア支援を希望される方も受講可能です。

 

②Googleのアカウントを持っている方(必須)

 受講者とはGoogleクラスルームを設定し、連絡事項等のやりとりをしていきます。Googleのアカウン

 トお持ちでない方・大学等の職場からGsuiteを付与されている方は、恐れ入りますが新たにアカウント

 作成をしていただきますようお願いします

 

③受講できる環境を整えられる方(必須)

 ライブ授業はZoomで行います。PCでの視聴・Zoom参加を想定したスライド資料が投影されます

 *PC等講座視聴機器の貸し出しやZoom環境を整えるための各種サービス(Zoomの基本的な使い方

  のレクチャー)等の対応はできかねますので、視聴環境を整えられる方を対象とします

 

◆(ご確認ください)講座の趣旨や進め方への同意事項

 当講座はレクチャーだけではなく、講師から問いが出され、受講生同士で考え、共有する時間がありま

 す。キャリア教育は学問ではなく、考え方が主体です。「自分で考える・みんなで考える・共有する」

 ことを尊重していただける方のご参加をお待ちしています

 

 *昨年に引き続き,2期生の桑野薫さんにインタビューしたものを下記に掲載していますので、ご検

  討いただく際のご参考に。昨年開催したシンポジウムにもオトナ代表として登壇されました。

  

必ずお読みください <基礎コース・講師実践コース担当> 児美川教授からのメッセージ

私見を混じえて、大胆に言います。「大学キャリア教育講座」がねらいとすることが、2つあります。

 

1つめは、スキルやノウハウに走らないこと。もちろん、教育現場で実際にキャリア教育に携わる際には、スキルもノウハウも必要です。だからこそ、講座のラインアップには、すぐれて実践的な内容が含まれています。しかし、重要なのは、そうした実践的な内容が、きちんとした理論や考え方に裏付けられていることなのです。

 

2つめは、受講者が自ら考え、判断できるようになること。キャリア教育の現場、そして対象とする学生は、きわめて多様です。その多様性には、どこかで学んだノウハウを平板に当てはめるだけでは、とうてい対応できません。理論や考え方を目前の現実に適応させていく創意工夫や思考の柔軟性が求められます。だからこそ、1つめに述べたような、実践と理論・考え方を往復するような学び方が重要になるのです。

 

<児美川教授のメッセージを受けて>

事務局兼講師の野浪です。児美川教授の考え方をもとにキャリア教育の授業やキャリアカウンセリングをしている立場としてお伝えします。受講を検討されている方の参考となれば幸いです。


1つめの「スキルやノウハウに走らない」というのは、キャリコンとしてやっていこうとしている方々には意外かもしれません。キャリコン向けに授業やカウンセリングに使えそうなツールの紹介や、ツールを使ったワークの仕方を伝える講座・研修が多くあるからです。

たしかにそれらを知っていること、使いこなせることは役に立つし、学生や若者たちも楽しみながらたくさんの発見をしていくでしょう。しかし、ワークができるだけでは「大学という教育機関」で働く者としてはスキルも姿勢も考え方も足りないと感じたことが多数ありました。非常に歯がゆいのです。それが、2つめの「受講生が自ら考え、判断できるようになる」につながります。

ツールが使いこなせるか・ワークができるかと同様に、既存のテキストを教えられればそれでキャリア教育授業が成り立つわけではありません(就活のカウンセリングも同様の考えです)。大学キャリア教育・キャリア支援の担い手として、ツールやテキストを「精査する目を養」い、教材となる素材を見つけていく力を持つことが重要です。「自ら考え・判断する力」「精査できる目」は大学キャリア教育の本質を知り、実践を重ねていくことで次第に養われていきます。本講座はその”きっかけ”を担うものです。とくに大学キャリア講師を目指す方は、ぜひ受講していただきたいプログラムです。

2日目「社会理解」を担当いただく講師の渡邊さんや私は、直接その指導を児美川教授に受けたわけではありません.ですが、児美川教授の考え方はしっかりと私たちの血や肉となって、現場に活かされています。手前味噌ではありますが、私たちがどのような視点で試行錯誤を重ね、学生や若者にキャリア教育・キャリア支援を行っているのかがわかるのも、本講座の見どころの1つなのではないかと思っています。

大学生や若者の就職支援者は、「就職させること」を第一義として仕事をすることが求められることも多く、キャリア教育=就職活動のための教育(就職支援教育)と疑わない方が多々見受けられます。他の専門領域を持たれている大学教員もそのような認識を持っていることがまだまだ多いと感じざるを得ません。「キャリア教育ってなに?」と学部の専任教員の先生に訊かれて説明させていただく場面も多くあります。キャリアコンサルタントとして、正しく「キャリア教育とはなにか」を伝えていく責務を感じます。

厚労省の施策を背景に、キャリアコンサルタントとなられる方が増えてきました。しかし、学生支援者としてキャリア教育と就職支援教育の違いをしっかり認識し、双方について確かな知識とスキルを持っていることは必要だと感じているものの、キャリア教育の本質を捉え、実践していく真の人材はまだまだ不足しています。この機会に、「大学キャリア教育」について体系的に学んでみませんか? 

 

 

2020年度(2期修了生)の声 …インタビュー動画

2期生(2020年度修了生)の桑野薫さんに、講座受講のきっかけやご感想を伺いました。編集ができないため(ど素人ですみません。。。)、撮ったものそのままです。全体で約17分半です。桑野さんは,2021年度シンポジウムのオトナ代表としても登壇されました

 

2021年度(3期修了生)の声 …修了時のご感想から・一部抜粋

・そもそもこの講座を受講した動機には、キャリアカウンセラーの業務から離れている現状の焦りがあったのですが、この4日間は、キャリアカウンセラーとしての自分の基盤を見つめ直しこれからを考える、とても有意義な時間となりました

 4日間の講座を経て、就職支援の業務に携わっていなくても「私はキャリアカウンセラーである」というアイデンティティをもって今の仕事を捉え直すことは可能であり、そのためにもキャリアカウンセラーとしての自己研鑽を怠ってはいけないなと思いを新たにしています。他の受講生の皆さんとのディスカッションからも大いに刺激とアイデアをいただくことができました。貴重な機会をありがとうございました。(大学職員)

 

今まで狭い視野の中でしかキャリア教育について考えられていないこと、その結果、自分なりのキャリア教育について言葉にもできていないことを痛感しました。

 私は業務委託系のキャリアデザイン講座を受け持つ機会が多いので、そもそもカリキュラム全体の確認や他部署・教職員との連携という意識がとても薄かった…むしろ無いに等しいものでした。(略)

4日間、たくさんモヤモヤもしました。一方で、仲間の世界観に触れられたり、キャリア教育について自分なりの言葉に出会えたり…という経験もできました。貴重な学びの機会をありがとうございました。

(フリーランス/キャリア教育関連科目講師業)

 

・4日間、ありがとうございました。キャリア教育とキャリア支援の連携、学生の捉え方、其々の役割を考えるいい機会となりました。私自身、キャリア支援で大事にしていたことを改めて確認できたし、日頃気を付けている事や自分の癖を知る事も出来ました。

 参加時はキャリ教育にて講師としてやってみたいとの希望がありましたが、日数を重ねるごとに講師よりも一相談員として自己研鑽を積み、連携を強化するほうが自分のやりたい事だと気づきました。(大学キャリアセンター職員)

 

答えを与えていただく講座というのでなく、自ら考えながら学びを深めていくところ、とてもありがたかったです。グループワークや問いに対し、たくさんのことを考え、理解を深めることができたと思っております。大学キャリア教育の学びを、今回の講座で始めるきっかけとなりましたが、引き続き学び続けていきたいと思います。(公的受給機関勤務)

注意事項(必ずお読みください)

*お申込み前に必ず、当協会の受講規約をご確認ください。キャンセル規定等盛り込まれています

 お申込みいただいた時点で、すべての規約に同意したものとみなします


*講師の知的財産権を保護するため、講座内容そのもの、あるいは加工したもの、スライド投影されたも

 の等を第三者に提供することは固くお断りたします

 

*協会が提供するすべてのURLやパスワードを第三者と共有することは固くお断りいたします

 

*本講座内のライブ授業内では、配信用動画撮影のため、レコーディング(録画・録音)されます。
 また、広報・宣伝のために授業の様子について静止画または動画の撮影をすることがあります。
 お顔の撮影等難しい場合には、講師またはアシスタントにご遠慮なくお伝えください。

 原則的に個人名が映っている場合には、加工を行います

 

*ライブ授業(Zoom)では、おもにPCでの視聴・Zoom参加を想定したスライド資料が投影されま

 す。あらかじめご承知おきください
 ただし、スマホ等画面が小さいものでの視聴・参加を制限するものではありません


*実践コース(シラバス作成実践コース・就職支援実践)を受講される方は、基礎コースの受講・

 修了が必須です。各実践コースのみのご受講はできません

  

*講師によって、または状況によって、内容や進め方が変更する可能性があります。ご了承ください


 

大学キャリア教育講座 基礎コース

基礎コース(ねらい)

 キャリア教育でよく扱われる「社会理解」と「自己理解」。本コースでは、児美川孝一郎教授の『キャリア教育のウソ』を基礎としたキャリア教育の考え方を学びます。講義はゼミ形式で参加者同士の議論を基本とし、補足的に講師がZoomによるレクチャーをします。

 なお、講義の仕方やノウハウの提供ではなく、受講者が自信をもって大学生や若者のキャリア支援(授業やカウンセリング)ができるようになること、また、「キャリア教育の担い手」として自発的に研鑽を積んでいくきっかけをつかんでいただけるようカリキュラムを組んでいます。

 ライブ授業では、レクチャーだけでなく、講師の問いにたいして受講者がグループワークで考えていく時間もとります。問いの答えを与えられるのではなく、問いを通して考えていくプロセスは大学教育にとって重要な要素です。大学教育現場で働く私たち自身がそのプロセスを体験する必要があります。悩むことがあるかもしれませんが、受講の際は、ぜひそのプロセスを楽しんでください。

 

 

基礎コース(事前学習)

児美川教授の著書『キャリア教育のウソ』『キャリア教育のホント(ブックレット)』の熟読

 9/25の初回ライブ授業までに10/23(第3回)までにA『キャリア教育のホント』をよく読んでおいてください。読んでいただいていることを前提に講義を進めます。Aに関しては,講座の申込時に発送します(すでにお持ちの方は,メール等でお知らせください)。Bも事前にお読みいただくことをおすすめします

 

 A.野浪晶子著・児美川孝一郎監修(2017)『キャリア教育のホント ―誤解の多いキャリア教育を、正しく理解するために』(冊子)一般社団法人 日本キャリアパスポート協会

 

 B.児美川孝一郎(2013)『キャリア教育のウソ』ちくまプリマー、筑摩書房

 →(ご参考)Amazon:児美川孝一郎『キャリア教育のウソ』筑摩書房

 

  電子書籍も出ていますが、どちらを選択するかについてとくに制限はありません

 

【ご参考】2020年度・2021年度に開催したシンポジウムの動画視聴が可能です

 

2021年度のシンポジウム 

★「Withコロナの時代に 『社会人になる』ってどゆこと?―”やりたいこと探し”よりも大切なもの―」

https://www.career-passport.net/シンポジウム2021/

 

2020年度のシンポジウム

★「Withコロナの時代に 『社会人になる』ってどゆこと?―異世代間の対話をつなぐ―」

https://www.career-passport.net/シンポジウム2020/

 

基礎コース(授業スケジュールと内容)

当日のオンライン授業に出席できる方が対象です

 

【1日目】

9/25(日)13:00~13:45   担当:野浪 晶子

⓪【ガイダンス】 必ずご参加ください

 概要: 諸注意等事務連絡と受講者同士の自己紹介の場を設けます。

      *児美川先生の登壇時にも、簡単な自己紹介の機会がある可能性があります

      *14:00まで15分間の休憩あり。14:00になりましたら別のZoomURLに入ってください

 

9/25(日)14:0016:30   担当:児美川孝一郎

①【背景と周辺を理解する】

 概要: キャリア教育が求められる背景

     ・社会状況  ・若者論  ・キャリア教育のはじまりと変遷

【2日目】

10/9(日)13:0016:30 担当:渡邊 有紀子

②【学生に理解させる(1)―「社会理解」:考え方とポイント】

 概要: ・キャリア教育における社会理解とは何かを理解する

     ・時事的なキーワードで社会理解をさせるには(実践ワーク)←変更の可能性あり

     ・「社会理解」の視点から、講師ができることを考える

【3日目】

10/23(日)13:0016:30   担当:野浪 晶子

③【学生に理解させる(2)―「自己理解」:考え方と方法】

 概要: ・自己理解とは

     ・自己理解のさせ方と方法を考える

     ・自己理解をさせるうえでの注意点

【4日目】
11/6(
日)13:0016:30 担当:野浪 晶子

④【学生に理解させる(3)―社会理解と自己理解の統合】【キャリア教育への理解を深める】

 概要: ・社会理解と自己理解の関係と重要性を考える

     ・キャリア教育・支援を担うための”力量”とは? …私たちは何を身に付ける必要があるのか

基礎コース(受講料・申込先・その他)

◆受講料:65,000円(税込)

      お支払いは、クレジットカード、paypal、コンビニ払いがあります。

      分割払いをご希望の場合は、お申込の前に別途下記メールアドレスまでご連絡ください

 

◆お申込先:(申込終了)

◆申込期限:9/23(金)21:00

◆定員:15名程度

◆特典:ブックレット『キャリア教育のホント』 ブックレットの外観や目次はコチラ

 

 *本ブックレットは、児美川教授の著書を横断的に解説したものとなる補助教材です。読んでいただ

  いたことを前提に講座を進めていきます。

 

 *すでにブックレットをお持ちの方は、お申込の前に別途下記メールアドレスまでご連絡ください

    nonami.jcpa★gmail.com ← ★を@に変えてください

 

◆最少履行人数:3名

シラバス作成実践コース(2022年度)

募集人数は8名程度。2021年度まで「講師実践コース」という名称でした。今年度から名称を変更します

 

シラバス作成実践コース(ねらい)

 キャリア教育関連授業の講師として自分でシラバスをたてていくのかについて学ぶ実践コースです。基礎コースでの学びを踏まえ、統一条件の下で各自シラバスを作成していただき、最終日に児美川教授による講評を行います。

 

 近年ではキャリア教育科目の大学教員募集の際に、作成したシラバスも提出させる教育機関が増えてきました。学生時代になんとなく見ていたシラバスですが、シラバスには授業内容はもちろん、授業方法、評価方法、注意事項など、授業運営をしていくうえでの基礎事項がぎっしりつまっています。「的確なシラバスを作ることができる」というスキルは、大学キャリア教育を担う講師や教員には必須のスキルともいえるでしょう。

 初回授業は田澤教授が担当。シラバス作成をしていくうえで必要な基礎知識を伝えていただきます。2日目はキャリアコンサルタントならだれでも学んだ有名な理論をもとに、どんな授業を・どんな方法で行うのかグループで検討・発表・議論します。盛りだくさんの3日間。大学キャリア教育科目の講師をされている方・目指している方には、ぜひ受講していただきたいプログラムです。

 

 *本コースの受講には、基礎コースの修了を必須とします

 *2019年度基礎コース(5日間版・ダイジェスト版)・2020年度基礎コース(4日間版)・2021年度

  基礎コースを修了された方がお申込み可能です

 *修了とは修了証が授与されていること、2020年度以降の基礎コース受講者においては、すべてのリ

  フレクションシートが提出されていることをいいます

 

シラバス作成実践コース(授業スケジュールと内容)

日曜3日間にZoomオンライン授業のみで開催します。当日の授業に参加できる方が対象です(ワークの性質上、最初から授業をお休みされることを予定される方は受講をご遠慮ください)。オンライン授業時間数や、下記概要(内容)は、受講生様の背景等をもとに変更する可能性があります

 

11/20(日)13:00~16:00   担当:田澤 実

大学キャリア教育授業 「評価と効果測定」から考えるシラバスづくり

 概要: ・シラバス作成における3つの視点(大学全体、学部のカリキュラム、1つの授業)
     ・評価の例(ルーブリック評価など)、効果測定の例(到達目標を用いたもの、

      心理尺度を用いたもの) 

     ・この回で、12/18に講評してもらうシラバスの「前提条件」を提示します。

      ご自身の授業シラバス等の講評ではなく、統一条件下で行いますのでご注意ください

 

 

12/4(日)13:00~16:30   担当:野浪 晶子

⑥大学キャリア教育授業の実際     

 概要: ・シラバス案や授業方法を充実させるためのヒント

      (担当講師が日々実践している授業シラバスや授業方法を一部公開します。その他キャリア  

       理論を用いた場合の授業案についてグループで検討・発表・議論します)

     ・キャリア教育科目担当教員として求められるスキルや考え方をもう一度俯瞰する

12/18(日)13:00~16:00  担当:児美川孝一郎

大学キャリア教育授業 シラバス講評

 概要: ・11/20の課題として作成・提出されたシラバスを発表していただきます

     ・発表内容についての講評とコメントを児美川教授が行います

      *参加人数が10人以上の場合は、一部の方への講評となる可能性があります

 

 

シラバス作成実践コース(受講料・申込先・その他)

◆受講料:44,000円(税込)相当。単発での受講はできませんので参考価格です

   *募集時に割引した金額を提示します。金額の詳細はサイト下部の「受講料まとめ」をご覧ください

 *お支払いは、クレジットカード、paypal、コンビニ払いがあります。

  分割払いをご希望の場合は、お申込の前に別途下記メールアドレスまでご連絡ください

 

     nonami.jcpa★gmail.com ← ★を@に変えてください

 

◆お申込先https://u-career-2021lec.peatix.com/

◆申込期限:11/18(金)21:00

◆定員:8名程度 最少履行人数:3名

◆提供方法:原則的にZoomによるオンライン授業です(補足の必要がある場合は、オンデマンドで提供)

 

・ご注意:ご自身が実際に担当するシラバスの個別相談や、仕事斡旋の相談等はできません

就職支援実践コース(2022年度)

 

*2019年度基礎コース(5日間版・ダイジェスト版)・2020年度以降の基礎コースを修了され、すべてのリフレクションシートを提出された方がお申込み可能です
*カウンセリング実践コースから名称を変更いたしました

 

就職支援実践コース(ねらい)

 主に就職活動にのぞむ学生に対するカウンセリングの仕方について学ぶ実践コースです。受講生の皆さんに問いかけながら進めていく方法は基礎コースと同様です。就活に意欲を燃やす学生も、意外に理解していない就職活動というイベント。それをどのように学生に捉えさせ、カウンセリングしていくか。基礎コースの内容を踏まえてお伝えします。講師が日常的に行っている添削法や面接指導法、学生の対応方法についてもノウハウを公開します。将来的に大学生支援を目指すキャリアコンサルタントの方にもご受講いただけます。担当講師は3日間とも野浪です。

 

就職支援実践コース(授業スケジュールと内容)

1/22(日)13:00~16:30

⑧新卒採用の基礎知識

  ・大学キャリアコンサルタントとして押さえておきたい就活支援の基礎知識

    ・新卒採用の変遷と企業の視点  ・基礎コースを踏まえた就活の考え方

  ・学生に理解させたい「就職活動」のしくみ

2/5(日)13:00~16:30

⑨履歴書とES添削の指導法 

  ・書類選考ではなにがみられているか

  ・3大質問の添削のしかたの基本 と カウンセリング法

  ・(事例を受講生同士で検討します)

2/19(日)13:00~16:30

⑩面接の指導法

  ・面接現場の指導法について考える

  ・支援が難しい学生への基礎的な対処法を考える

  *⑨⑩は、内容の性質上、2日間のなかで双方の内容を扱います

 

 

就職支援実践コース(受講料・その他)

◆受講料:44,000円(税込)相当。単発での受講はできませんので参考価格です

   *募集時に割引した金額を提示します。金額の詳細はサイト下部の「受講料まとめ」をご覧ください

 *お支払いは、クレジットカード、paypal、コンビニ払いがあります。

  分割払いをご希望の場合は、お申込の前に別途下記メールアドレスまでご連絡ください

 

        nonami.jcpa★gmail.com ← ★を@に変えてください

 

◆申込期限:2023/1/20(金)21:00

◆定  員:10名程度  ◆最少履行人数 3名

◆お申込先https://u-career-2021cou.peatix.com/

◆提供方法原則的にZoomによるライブ授業です(補足の必要がある場合は、オンデマンドで提供)

受講料まとめ(税込)

 A.基礎コース(①~④)              …    65,000円

 B.基礎コース+シラバス作成実践コース(①~⑦)  …  105,000円

 C.基礎コース+就職支援実践コース(①~④+⑧~⑩) …  105,000円

 D.基礎コース+2つの実践コース(①~⑩)     …  145,000円 

 

 

大学キャリア教育講座 登壇講師

児美川孝一郎(法政大学キャリアデザイン学部 教授)…基礎コース・シラバス作成実践コース担当

田澤 実    (法政大学キャリアデザイン学部 教授)…シラバス作成実践コース・CAVT特別講座担当

渡邊 有紀子  (東洋大学 非常勤講師 ほか)…基礎コース担当

野浪 晶子   (明治学院大学 非常勤講師 ほか)

            …基礎コース・シラバス作成実践コース・就職支援実践コース担当

 

 

お問い合わせ先

担当者の都合により、メールでの対応とさせていただきます。下記アドレスの★を@に変更してください。2営業日以内に初回返信をいたします(担当:野浪)

 

nonami.jcpa★gmail.com